kmshis

KMSHI’s blog

子育て、生活、健康について感じることを書いています、

総合旅行業務取扱管理者がおすすめする賢い旅行の選び方

飛行機を利用して旅行に行く場合の豆知識と、賢い旅行の選び方をご紹介していきます。 

 

f:id:KMSHI:20191212095116p:plain

 

旅行の予約をする場合、一昔前は旅行カウンターに行き、飛行機と宿泊などがセットになったパックツアーで申し込みをするのが主流でした。

でも、今はネット予約が主流になりつつあります。

 どの旅行サイトを選んで良いかわからない時のためのポイントをご紹介します。

 

旅行サイトの選び方

 

 

 

 

 

LCC(格安航空会社)は大丈夫?

LCC(格安航空会社)は、本当に落ちないの?危なくないの?と思っている人もいるかもしれません。日本の上空は国交省がしっかり管理しているので、日本の上空を安全性が疑われる旅客機が飛行することはまずありません。

ただ、これはあくまでも個人的に思うことですが、LCCの中でも他の航空会社が使わなくなった機材を買い取って使用している航空会社は、あまり乗りたくないです。

ピーチやスカイマークジェットスターは、格安向きの新機材を使用しているようなので、飛行に問題はないと思っています。

 

LCC(格安航空会社)のメリットはやはり安さですが、デメリットもあります。

遅れや、フライトキャンセルは他の航空会社に比べて多い傾向にあります。

空港の端っこにいるLCC(格安航空会社)は、離発着が重なる時間帯にはどうしても遅れがちになりますし、機材トラブルがあった場合などに、代替機材の準備が整わずフライトキャンセルせざるを得ないということが原因に挙げられます。

 

LCC(格安航空会社)の料金は、基本あくまでも座席代なので、座席指定や機内食には別途費用が発生することなどもありますので、予約の際には細かくチェックする必要があります。

 

子連れだったり、到着地でのスケジュールが組まれている場合にはLCC(格安航空会社)は、少し不安要素もありますね。

 

旅行代金設定の仕組み

 

旅行会社や、旅行サイトはたくさんありますが、たくさんありすぎてどれを選べばいいかわからなくなりますよね。まずは、旅行代金設定の仕組みを簡単に説明します。

 

航空券代の仕組み

 

飛行機代について、航空会社⇒旅行会社への卸値は基本的にはどこの会社に対しても同じです。(一部売上に応じていわゆるキックバックが行われている場合もあります。)旅行サイトによって、全く同じ座席で代金が違う場合は、航空券代金に対して、販売手数料を上乗せしている分の差額と考えられます。

座席に空きがあればあるほど安く買えます。座席が埋まっていくほど代金は高くなっていきます。

ですので、発売と同時に購入するのが一番ですが、安い座席ほど変更・取消などの手数料は高く設定されているので、旅程を早々に確約しなくてはいけないというリスクがあります。

 

宿泊代等現地手配の仕組み

 

宿泊代等と現地手配代金は、各社で大きく異なります。基本的には需要が多い会社ほど、仕入れ値が安くなります。顧客が多ければ多いほど、安く仕入れることができて、旅行会社としての信用にもなります。旅行会社の大手といえば、JTBかHISです。客層は若干異なりますが、日本の2大旅行会社といって良いと思います。

需要が多いほど仕入れ値が安くなるので、JTBやHISが設定しているパック旅行はやはり安いです。

 

旅行の内容によって選び方を変えよう

旅行の内容、たとえば、飛行機とホテルだけを手配して後は自分で電車を移動する場合は、航空券+ホテルを個々に手配するのが一番良いと思います。

飛行機とホテルの他に、レンタカーやホテルまでの送迎もつけたい場合、これは、パックツアーの方が安くなる場合があります。なぜなら、旅行会社はレンタカーや送迎代金を宿泊代金とセットで仕入れることが可能なので、個々に手配するよりも安くなる場合が多いからです。例えば沖縄やハワイのツアーなどは、レンタカー代金は車種によっては無料でついている場合もあるので、旅行探しの際には、パック代金と、個別手配の料金比較は欠かさないのが得策です。

 

旅行サイトを選ぶ際のポイント

旅行サイトは大きく分けて2つあります。1つは、自社で直接現地から仕入れをしている会社、もう1つは自社で直接仕入れをせず、大手旅行会社の商品を販売している会社です。

まずは、代金はさておき、仕入れ先がどこなのかは確認した方がいいと思います。

特に海外旅行の場合は、大手が扱っている旅行の方がトラブルがあった場合でも現地スタッフが対応してくれたりと、体制が整っています。

 

私がおススメするのはこちらです。

 

●dトラベル 

 

 

JTBとも提携しており安心です。JTBの直接申し込みでは良いのでは?と思うかもしれませんが、dトラベルに申し込めば、dポイントが1~2%貯まります。

dポイントならキャッシュレスなど、使い道が色々あります。

 

楽天トラベル

 

こちらもdトラベルと同様に、基本1~2%貯まります。楽天トラベルもANAJALの旅行なども幅広く設定しているので安心感があります。

 

何故、直接旅行会社への申し込みをおすすめしないのか?

例えば、JTBもポイント制度はありますが、ポイントの利用はJTBの旅行等には使えますが、上記2社のポイントに比べると使い道が限られてしまうからです。

旅行代金は決して安いものではないので、ポイントもその分大きくなります。

1%の違いでも大きいですよね。旅行こそ、しっかりポイント制度を活用しましょう。

 

 

まとめ

 

旅行サイトのことをメインにご紹介しましたが、パック旅行を探している場合、旅行カウンターでの申し込みをするという選択肢もあります。最近では旅行カウンターも減少していますが、ショッピングモールなどにある旅行カウンターでは、店頭申し込み限定でキャンペーンを実施している場合があります。時には、旅行を申し込むと金券がもらえたりするものもあります。

航空会社のマイルを貯めている場合は、旅行はマイルがつかない場合もあるので、申し込み前にしっかりチェックしましょう。

 

旅行は、旅行中はもちろん、準備段階も楽しいですよね。失敗やトラブルを避けるためにも、計画をしっかり立てることがとても大事です。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村