kmshis

KMSHI’s blog

子育て、生活、健康について感じることを書いています、

テレワークって実際どうなの?メリットデメリットは?

コロナウイルスの流行で、テレワークが促進されています。

私も前職で1年ほど、週に1、2回程度、業務状況に合わせてテレワークを活用していました。

何故毎日じゃなかったのかというと、社内規定でテレワークができる業務とできない業務があったことと、部署によってテレワークができる部署とできない部署があり、社員全員がテレワークを活用できるわけではなかったからです。

 

f:id:KMSHI:20200316141220p:plain

 

でも、毎日がテレワークだったわけではないので、逆にテレワークのメリットデメリットがよくわかったようにも思います。

 

そこで、テレワークを実際にやってみて感じた、企業側ではなくやる側にとってのメリットデメリットを考えてみました。

 

 

 

 

テレワークのメリット

 

自由時間が増える

 

なんといってもテレワークの最大のメリットは、通勤時間がなくなることだと思います。往復の通勤時間を、家事など他の時間に充当することができます。

首都圏など通勤時間が長い地域の人ほど、通勤時間が短縮できて、さらに大混雑した電車に乗らなくていいことはとても大きいと思います。

 

そして、昼休みの時間も有効活用できます。オフィスにいる昼休みの時間は、話をしたり、外食をしたりして過ごしますが、テレワークで1人の場合、昼食にそこまでの時間は要しません。家事など、家の事に費やす時間ができます。

 

 

集中できる

 

オフィスで仕事をしていると、周りの人と話す機会が出てきたり、急な打ち合わせが発生したりと、どうしてもスケジュールどおりに仕事が進められない場面がでてきます。

でも、テレワークの場合は、やり取りの手段は基本チャットやメールなど、細かなことになると電話などになります。

顔を合わせて仕事をしていない分、やり取りが最小限に抑えられ、自分のペースで進められ、周りの音がない分、集中して仕事に取り組めます。

 

 

物探しの時間の短縮

 

業務中にどうしても発生する、資料、メール、メモ、連絡先などの物探しの時間、テレワークにすることで、 劇的に縮小することができました。

 

何故かというと、テレワークをやる時には、必要な書類を先に準備しておく必要があります。そして、荷物になったり、紛失したりといったリスクがある書類はあまり持ち帰りたくありません。

 

それにより、パソコン内のドライブなどに必要書類や連絡先などをまとめる習慣ができました。結局、パソコン内での探し物は多少発生はするものの、紙を探すことに比べると断然時間短縮にはなりますし、ペーパーレス化にも繋がります。

 

何より、それまで物探しに使っていた時間を仕事の時間に充てることができました。

 

 

テレワークのデメリット

 

時間のメリハリがつけにくい

 

テレワークをする際に、しっかりと仕事の時間とプライベートの時間を割り切ってできればいいのですが、多忙な時には、すぐに仕事ができる環境があるがゆえに、仕事を終えた夜になってから、何か気になることがあると、ついついパソコンを立ち上げてしまったりといった、サービス残業をしてしまいがちです。

 

ただ、これは自分できっちり線引きをすることで解消できることかもしれません。

 

 

打ち合わせ相手の状況がすぐわからない

 

私の場合、社員全員がテレワークをしていたわけではないので特にかもしれませんが、何かすぐに確認したいことがあった時に、相手が席にいなくて、チャットがすぐに確認されないなどのレスポンスの遅れが発生することがちょこちょこあります。

社内にいれば、相手の状況を確認してから話しかけたりすれば良いのですが、テレワークの場合は、相手のスケジュールは確認できても、話しかけても良い状況なのかどうかが全くわかりません。

 

これは、テレワーク側にとってもそうですが、社内にいる人がテレワークの人に用事がある場合も同じで、テレワークが浸透すれば解消するのかもしれませんが、そのことにより、仕事のペースが遅れたりといったことがありました。

 

 

息抜きがない

 

オフィスに出勤すると、なんだかんだで仕事中にちょっとした話をしたり、昼休みに同僚と話をしたりといった、忙しい合間の息抜きの時間がありますが、テレワークの場合は、電話等で仕事のやり取りは発生しても、 基本はずっと1人です。

仕事が終わった後に、その場の雰囲気で食事などに行く機会もありません。

 

これは、性格にもよりますが、中には通勤時間はあっても人と接しながら仕事をしたい人もいるように感じます。

 

 

まとめ

 

テレワークが促進されているとはいえ、まだまだできる企業や業種は限られていると思います。企業内でテレワークができる部署とできない部署があったりすると、そこから不公平感が出てきたりもします。

でも、特に私のような子育て世代にはとても良い制度だと思います。

 

子どもが保育園に通っていれば、お迎えの時間に追われることもなくなりますし、学校に上がれば家で子どもを出迎えることができます。子どもの急な発熱などにもすぐに駆けつけることができます。これって、忙しい共働き世帯や1人親世帯にはとても安心して働ける環境ですよね。

 

働き方改革ワークライフバランスの促進はもちろんですが、テレワークやフレックスタイムの活用など、もっともっと具体的な働きやすさを追求した制度が、社会全体で確立されていけば良いなと思います。

 

 

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村