kmshis

KMSHI’s blog

子育て、生活、健康について感じることを書いています、

朝ドラ視聴から読み解く主婦の心理

注:『朝ドラ』の中身の話ではありません。

 

私自身が育児休暇等を経ながら約20年サラリーマンとして働き、辞めてからこれまで1年間専業主婦をしていて感じた話を、「朝ドラ」を視聴する主婦になぞらえて考察したものです。

 

f:id:KMSHI:20191219165013p:plain


 

社会に出て働くと、始業時間があり終業時間があり、その時間内にやるべきことが、自分で組み立てるか組み立てないかは別として、基本的には明確になっています。

一方専業主婦の場合、家事や子育ては、ゴミ出しや学校、幼稚園などのイベントなど予定が入っていない限り、時間的な制限があまりないです。

つまり、時間管理は自分のペースで設定できるんですよね。

でも、家事にゴールはありません。100%の家事があるとすれば、それは自分の中で(価値観で)決めた100%です。

 

洗濯や掃除、育児から整理整頓などから「見えない家事」まで、やろうと思えばいくらでもやることがあります。

でも、基本的に自分が決めない限り時間制限はないんですよね。仕事だと時間が決められているので、何が何でもやらざるをえないのですが、家事はいわゆる手抜きも自分次第でできます。だから楽!では決してありません。やるべきことはたくさんあります。

 

そもそも、仕事と家事を比べること自体が違うとも思いますが、もし比較するならば、そこが仕事と家事の大きな違いだと思います。

家事は基本、すごい頑張ったところで何ももらえませんし・・・。

 

話をタイトルに戻します。

「朝ドラ」、内容によって面白かったりイマイチだったり、感じ方は人それぞれだと思いますが、それでも習慣的に見ている人が多いのではないでしょうか。

「朝ドラ」は、毎朝8時から始まります。この時間、多くの主婦にとって忙しい時間から少し落ち着く時間。「朝ドラ」が、時間の切り替えスイッチのようになっているのではないかと思っています。少なくとも私はそうです。

「朝ドラ」までに、あれとこれと、朝の家事を一段落させよう。と毎日無意識に生活していることに気づきました。「朝ドラ」までに朝の家事を終わらせられると、軽い達成感を感じます。この達成感が主婦には必要なんだ!ということに気づきました。

仕事と違ってゴールのない家事、達成感を感じながら進められることでやりがいを感じられるんだなと。

 

 

この達成感を感じながら、さらに維持しながら家事をこなしていくのはどうしたら良いのか、これはそれぞれの性格もあるので人それぞれ自分に合ったものを見つけるのが良いとは思いますが、私が今心がけているのは、月曜は布団カバーの洗濯、火曜は拭き掃除など、曜日でやることを決める。です。

トイレ掃除や玄関掃除のように、1週間に一回の掃除ではダメなものは、朝の段階でやることを決めています。

 

朝の段階で決めたことを全部できると、少し達成感が感じられます。

自分なりのやり方を見つけることで、達成感を得られるとともに、生活にハリができると感じています。

 

 

「朝ドラ」に合わせて家事をしていたら、そこに達成感があったんだ!と気づいた話でした。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村