kmshis

KMSHI’s blog

子育て、生活、健康について感じることを書いています、

小学校で必修化されるプログラミング教育って何?なぜ必要なの?

2020年4月から、小学校での「プログラミング教育」が必修化されます。

私は、高校の授業でプログラミングの授業を軽く受けた記憶がありますが、小学生にプログラミングができるんだろうか?とか、なぜ必要なんだろうか?、何やるんだろう?と色々疑問に思うところがあり、調べてみました。

 

 

 

「プログラミング教育」って何?

 

 

 

ねらいは?

 

根本にあるのは、文科省が推進している「教育の情報化」のようです。

 

〇「情報活用能力」を学習の基盤となる資質・能力と位置づけて育成をしていくこと

〇「情報活用能力」の育成のために必要なICT環境を整えて、学習活動の充実をはかっていくこと

 

この「情報活用能力」の育成の1つとして、「プログラミング教育」があるんですね。

 

f:id:KMSHI:20200312152457p:plain

 

そして、「プログラミング教育」と具体的なねらいとしては下記が掲げられています。

 

〇知識および技能

 

「家庭など身近にあるものにも色々なコンピューターが活用されていること」や、「コンピューターを作るためには手順がある」ということを知る。

 

〇思考力、判断力、表現力等の「プログラミング的思考」

 

意図する動きを実現するために、どのような動きや記号の組み合わせが必要か、それらをどう改善していけばより意図するものに近づくのかを考えて実現する。

 

〇学びに向かう力と人間性

 

コンピューターの働きを、自身の生活などに結び付けて活かしていく。

 

 

これだけ聞くと、小学生には難しそうな気もしてしまいますが、たとえば、パソコンや

洗濯機など身近な家電などを、ただ使いこなすだけではなく、それらのものが人間の力で作られて動いているんだということを理解しようということと、「プログラミング的思考」、ものごとの内容理解し(思考力)、的確にとらえて(判断力)、段取りよく進める力(表現力)や、論理的思考を育むこと、さらに先にはコンピューターを使いこなす力や、活かす力を育てていこうというものです。

 

 

これを、年齢に見合った形で早いうちから教えられていけば、将来社会人になってからはもちろんですが、進級した後の勉強にも役立てることができるのかもしれませんね。

 

 

具体的に何するの?

 

小学校での「プログラミング教育」は、「プログラミング」が教科として増えるわけではなく、各教科の中でプログラミングを取り入れた授業を行っていくようです。

 

また、授業への取り入れ方などは指定されているわけではなく、学習指導要領で具体的な指導例が出されており、それに沿った形でそれぞれ授業を進めることになっています。

 

たとえば、算数の授業でプログラミングソフトを使って形を表現する。理科の授業で、電気を入れたり消したりするなど、簡単な意図する動きを作る方法を学んだりというものがあります。

 

 

小学生のうちは、まだまだ本格的にプログラミングを覚えるという段階ではなさそうなので、意図されていることを大枠で理解して、何より興味を持つことが大事なのかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

プログラミング教育が始まって、親ができることはなんだろう?と考えると、プログラミングの知識があるなしに関わらず、やっていることに興味を持ち、なんのためにやっているのかを理解しながら出来ているのかどうかを見守ることなのかな?と感じました。

 

確かに、これからの時代には、こういった知識や考え方は欠かせないものなんだろうなと、プログラミングの知識がなくても思います。

 

同時に、親はどんどんついていけなくなっていきますが・・・。

 

 

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村