kmshis

KMSHI’s blog

子育て、生活、健康について感じることを書いています、

もしも自分に万が一のことがあった時のための備え

コロナウイルスのニュースを見ていて、急激に症状が悪化してしまう場合があるなどといった情報を見ていて、ふと不安になってしまったこと。

コロナウイルスに限らず、事故や急病などでもしも自分や家族に万が一のことがあったら・・・。です。

  

 

感情は別として、実際に夫婦のどちらかに何かあった時に、貯蓄やカード、契約しているものなど、お互いにどこまで把握できているだろうか。

 

我が家の場合は、お金の管理は、夫が使ったカード決済なども含めて全て私が担っています。夫は多分、毎月の支払がどうなっているか、何がどこから引き落としになっているかなどは、具体的には把握していませんし、私が何種類のクレジットカードを持っているか、株や仮想通貨、確定拠出年金がどうなっているかも、大まかにしか知りません。

 

そして、私も夫のお金の管理は大体把握していますが、たとえば、音楽サイトなどネット上でどんな契約をしているかまでは把握していません。(カード明細で大体はわかりますが。)

 

これでは、万が一のことがあった時に、残された方はとても大変なことになってしまいます。これは単身の人でも同じですよね。同居していない家族がいる場合でも同じことが起こります。

 

そこで、終活とはちょっとまた違うのかもしれませんが、もしもの時に備えてリスト化しておくのは良いのではないかと考えました。

 

  

 

リストはどのように管理できるものが良い?

 

まず、リストを作る場合、夫婦であれば共有しておけば良いのですが、別居家族だったりする場合は、後から相手にわかるような形で残しておく必要があります。

スマホに保存しても、見つけられるかどうかわからなければ意味がありません。

やっぱり、紙で残すのが一番なのではないかと思います。紙出しをして、通帳など大事な物と一緒に保管しておくのが一番確実です。

たとえパスワードを定期的に変えたりしていたとして、それが更新されていなかったとしても、最悪は何に契約しているかと、ログインコードさえわかればなんとかなります。

 

スマホの紛失などで情報が洩れてしまうようなリスクや、万が一の時に処理する人がスマホ機能に疎かったりすることを考えると、かなりアナログではありますが、紙出しの方が安心なのではないかと思います。

 

 

必要項目は?

 

例えばこんな感じです。

 

f:id:KMSHI:20200430135028p:plain


 後々の事を考えると、銀行口座は今後口座を持っているだけで手数料が取られるようになるので、銀行口座は必要最小限にしておくことと、クレジットカードも本人以外の解約には手間がかかるので必要最小限にしておくと良いでしょう。

 

また、有料契約の他に、無料登録をしているものがたくさんある場合は、必要ないものはできる限り退会しておいた方が良いです。

 

万が一のことがあった場合、ネットや書面で解約などの手続きができる場合は問題ありませんが、1つ注意が必要なのは、銀行口座の解約です。銀行口座の解約は銀行にもよりますが、本人以外の解約の場合は、印鑑証明や、戸籍謄本など色々な手続きと書面が必要となり、とても手間がかかります。

 

また、意外と面倒なのが、各種引き落としです。例えば、カード経由での引き落としなんかがあると、最近では明細も書面では届かないので、実際に処理している人じゃないと全くわかりません。

毎月の引き落としが何々あるのか、具体的にどの口座から何が引き落とされているのかどうかは、書き出しておいた方が良いかもしれません。

 

 

まとめ

 

お金などの手続きが一番大変ではありますが、生活面でも色々と普段から共有しておいた方が良いのかもしれません。

 

たとえば、赤ちゃんがいる場合は予防接種の進捗、子どもが学校などに通っている場合は、学校などで使う物、毎日の持ち物、イベント情報、メールアドレスの登録方法など、特に今のように、異例の事態が起こった場合には、メールでの連絡がたくさんあります。漏れを防ぐためにも、登録方法の共有は大事です。

 

そう考えると、普段から子どもの事は特に、夫婦で共有しながら担っていくのが良いのかもしれませんね。

 

コロナウイルスの恐ろしさから思い立ったことです。これを親にも言えれば良いのですが、残念ながらなかなか勇気は出ません…。

 


www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村