kmshis

KMSHI’s blog

子育て、生活、健康について感じることを書いています、

子育て中の女性は「働かせてもらう」と思っている人が多い?

『働くママは「働かせてもらう」のではなく、「スキルを売る」気持ちが大事』という記事を目にしました。

 

私は現在専業主婦ですが、1年ほど前まで、2人の子どもの出産を経て育児時短勤務を5年近く続けてきました。確かに育児時短勤務の間は、仕事は私なりに一生懸命やっていましし、比較的子ども事由で休むことは少なかったですが、それでも「働かせてもらってる」意識が強かったように思います。これはきっと、子どもがいる環境で仕事を探す場合でも同じなのではないかとも思います。

 

 

なぜ、「スキルを売る」、「求められている以上の仕事をする!」よりも、「働かせてもらう」が先行してしまうのか?

 

一番の理由は、働いている時に、子ども事由の急な欠勤等が発生する場合が多いからではないでしょうか。急な欠勤は、シフト勤務だったりする場合は特に、周りの人に仕事のしわ寄せがいってしまいます。迷惑をかけたりしてしまうことが想定されるから、謙虚になりすぎてしまうのかもしれません。

 

新たに仕事探しをする場合は特にそうです。新しい環境に入るのは、それだけでも色々な不安があります。たとえ、求人に見合ったスキルがあったとしても、実際に仕事を始めてみないと、子育てで休んでいたブランクも含めて、そのスキルが必ずしも発揮できるかどうかもわかりません。

 

そして、自分が採用する立場だったら、全くスキルが同じ子なしの人と、子育て中の人のどちらかを採用するとしたら、やっぱり子なしの人の方を採用するだろうなとも思ってしまいます。

 

このようなことから、どうしても特に子育て中の人は、「働かせてもらう」というのが前面に出てしまうのかもしれません。

 

でも、確かに冒頭に書いたように「スキルを売る」意識は必要ですよね。

何故なら、自信のない人なんて誰も雇いたいとは思わないから・・・。

 

では、子育て中でも活かせること、アピールできることってなんだろう?

 

共通していえるのは、子育てという大変な時間を過ごしてきていることなのかもしれません。

子育てを経て得た知識はたくさんあると思います。

 

 

臨機応変

 

24時間の家事と育児の両立は言葉にすると簡単ですが、子育ては予測不能な出来事がたくさんあり、その度に臨機応変に対応してきているはずです。

 

 

効率的

 

そして、子どもが小さいうちは子どもから全く目を離せず、そんな中でタイミングを見つけながら家事を進めたりしていく中で、たとえあまり意識していなくても、効率的に家事育児をこなす技を身につけているとも思います。

 

 

気配り

 

何より一番は、自分だけじゃなく周りにも気を配れるようになっていることです。

子どもが産まれると、生活の大半を子どものペースに合わせるようになります。子どもそれぞれの性格やペースに合わせての生活が長く続きます。

 

これは、仕事でも同じだなと、私自信が育児時短で仕事をしている時に感じました。

相手がたとえ、自分よりもずっと経験の浅い人でも、相手が何を求めているのかを考えながら仕事を進められるようになりました。

そして、自分のペースだけで進めるよりも、相手の考えと自分の考えをまとめて進めた方が双方にとってより良い結果に繋がるということにも気づきました。(元々が傲慢だっただけかもしれませんが。)

 

 

臨機応変、効率的、気配り、これって組織の中で働いていく上で、とても大切なことばかりです。

 

だから、「働かせてもらう」ではなく、もっと自信を持っても良いんだと思います。

 

f:id:KMSHI:20200320151850p:plain

 

でもやっぱり育児をしながら働くうえでは、謙虚な姿勢も必要です。

「子どもがいるので、責任のある仕事はできません。」とか、最初から「子どもがいるので、残業は一切しません。」という姿勢でいくのは、違いますよね。

 

与えられた仕事は最大限にやり、急な欠勤や子どもの行事で休むことが多くても、それに備えて、自分がいなくても業務が滞らないような準備をしておくなど、周りへの配慮を忘れないことは、子育て中の女性が働くうえでとても重要なことだと思います。

 

とはいえ、女性の社会進出が進み、出産後も継続して働ける環境は整いつつありますが、 まだまだ子育て中の再就職はハードルが高いのが現実です。

女性の社会進出が進むことにより、出産年齢が上がり、子育てが一段落したときには、年齢的に再就職が難しくなっていたりもします。

 

そもそも、女性が男性と全く同じように社会に出ること自体が現実的なのかどうかにも、疑問を感じることがありますが、でも、少子高齢化が進んでいる以上、年金制度の崩壊などのリスクを考えると仕方のないことなのかもしれませんね。

 

 

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村