kmshis

KMSHI’s blog

子育て、生活、健康について感じることを書いています、

【シンプル家計簿】とても簡単!お金も手間もかけない家計管理法

家計簿、私も何度か手書きやアプリで試したことがありますが、せいぜい続いても1カ月くらい・・・。

家計簿を続けてつけられない理由は、飽きてしまったり、金額が合わなくてやる気が一気になくなったり、時間的余裕がなかったりと、人それぞれだと思います。

でも、一番の原因はやはり「手間がかかる」ことではないでしょうか。

 

 

手書きよりもアプリの方が簡単につけられそうに感じても、実際には、買い物の度につけ続けるのは困難、結局はレシートを溜めることになるので、画像処理してくれるものであっても、それなりの時間を要します。

 

 

家計簿は長くつけないと意味がない!

 

家計簿は、「家計を管理して無駄を減らす」ことなので、家計簿をつけ続けて、年間の傾向などを把握し、そのうえで改善すべきところを改善したり、過去のデータを元に先々の予測を立てたりしていくためのものです。

たとえ家計簿をつけ続けられても、つけているだけじゃ意味ないですし、1カ月だけつけたところで、家計の把握までには至らないので、あまり意味はありません。

 

長く続けることに意味があるからこそ、できるだけ簡単にできる方法でやりたいですよね。

  

f:id:KMSHI:20200214152313p:plain

 

シンプル簡単家計管理法

 

 

 

固定費はつけない

家賃やローン、保険など、月々かかる費用が固定されているものについては、毎月確認したところで金額は変わりません。月々の固定費合計がいくらになるかだけ大体把握さえしておけば、毎月の確認は不要です。

 

光熱費は前月分との比較だけ

光熱費や電話代などの費用は、よほどのことがない限り大きく変動することはありません。前月と当月分の差額をみて、増えていれば抑える。季節ごとの浮き沈みを確認しておく。程度の把握で問題ないでしょう。

 

変動の大きい食費や日用品等は1カ月単位でチェック

食費や日用品は、できることなら抑えたいですし、やりようによっては大きく調整できるものでもあります。でも、毎日毎日レシート入力をしたり、レシートがないものはメモしたりといった手間がかかるとなかなか続けられません。

 一番簡単な方法はこれです!

 

f:id:KMSHI:20200214131906p:plain

 

ノートなどに手書きでも、エクセルを作ってでも、やり方はなんでも良いので、食費(外食が多い場合は外食別で)と日用品で、それぞれ予算をたてます。

そして、分けた予算は財布を分けます。

1ヶ月たったら、残額を確認して予算と比較します。たったそれだけです。

 

私の場合は、日用品には普通の財布、食費、外食は100均のジッパー付ポーチを使っていますが、家計管理に便利な財布もあります。

 

 

 予算をたてる期間は1カ月にするのが良いでしょう。1週間だと短すぎて手間がかかりますし、1カ月より長いと支出傾向がわかりづらくなります。

 

ある程度の期間続けることで、毎月の妥当な金額がわかるようになってきます。

差額がプラスになれば、その分を貯蓄に回せますし、どれだけ使ったかがわかることで、翌月の課題も見つけやすくなり、貯蓄意識も高まります。

 

キャッシュレスはどう使う?

現金とキャッシュレスが入り交じると、また金銭管理が複雑化してしまいます。でも、これで面倒になってしまうことを防ぐためにルール作りをすれば大丈夫です。

 

食費、外食費、日用品で決済を固定する。

私の場合は、食費は現金、外食費はPayPay、日用品は楽天Payで分けています。

理由は、スーパーは固定していないので、1つの決済では使いづらいこと、外食時の決済ではPayPayが一番流通している、ドラッグストアは楽天Payを導入している店が多い。からです。

これで、残高が足りなくなれば予算からチャージすることができて、予算が混在することはありません。

1つの決済でやる場合には、1カ月ごとに仕分けしなくてはいけないので少し手間がかかります。

 

 

まとめ

最低でも1年間続ければ、毎月のかかる費用の平均もわかるので、予算のたてかた、費用の抑え方など、各家庭の傾向がわかり、節約にも結び付くと思います。

また、冠婚葬祭など突発的に発生する費用については、別に書き出しておくと、使い道は違っていても、毎月どれくらい突発的な費用が発生するのかどうかがわかってくるので、後々の参考にできます。

 

家計管理は、絶対にしっかりやった方が良いのですが、長く続けられなければ意味がありません。やりたいけど長続きしなかったり、家計は気になるけど手間がかかるので気が進まない。という方におすすめです。

 

 

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村