kmshis

KMSHI’s blog

子育て、生活、健康について感じることを書いています、

ジャンクフードを罪悪感なく食べる方法5選

 

体に良くないとわかっていても、ついつい食べたくなるジャンクフード。というより、今の時代、ジャンクフードを100%避けてとおることはできないと言っても過言ではありません。つまり、ジャンクフードを摂らないことを意識したり、ジャンクフードに過剰反応しているよりも、ジャンクフード+αの栄養を摂ることを心がける方が現実的なのではないかと思います。

 

f:id:KMSHI:20191220122907p:plain

 

 そこで、ジャンクフードのことを知って、健康を害さないための方法をご紹介します。

 

 

 

ジャンクフードって何?

 

ジャンクフードは、英語で「がらくた」や「屑」という意味だそうです。かなりイメージ悪いですね・・・。

ジャンクフードとは、国や学者によって若干見解は異なるものの、栄養価のバランスを著しく欠いた調理済の食品のことで、カロリーや塩分は高いのに、他の栄養素がほとんど含まれていない食品のことを指しています。

ジャンクフードの主な商品は、アイスクリームやスナック菓子、清涼飲料水や、カロリーが高い割に栄養価の低いハンバーガーなどが上げられています。

インストラーメンや、菓子パンなど、とにかく塩分や糖分だけが過剰に入っているものですね。

 

ジャンクフードは、腸内環境の悪化、ビタミン、ミネラルなどの不足、味覚の低下など健康被害への影響もよく訴えられています。

 

 

でも、先ほども書きましたが、ジャンクフードを一切遮断して生活するなんて無理!

つまり!

「ジャンクフードはほどほどに、一緒にしっかり栄養を摂ればいい!」という結論に至りました。(あくまで素人の考えです。)

 

 

ジャンクフードと合わせて栄養補給する方法

f:id:KMSHI:20191106132711p:plainサプリメント

 

いうまでもなく、一番手っ取り早い方法ですね。

 

 食物繊維や、アミノ酸、ビタミン、ミネラル豊富なクロレラを100%使用していて、野菜不足には最適です。

f:id:KMSHI:20191106134030p:plain青汁

 

 栄養豊富で飲みやすく、コスパも最高です。

 

 

 

f:id:KMSHI:20191106135330p:plainファストフード+野菜

 

ハンバーガーを食べる時に、フライドポテトをサラダやコールスローなどに変更すれば、野菜を接種できます。

モスバーガーでは、バンズをレタスに変えた商品も販売されているので、ハンバーガー+野菜を意識するといいでしょう。

 

f:id:KMSHI:20191106135614p:plainインスタントラーメン+野菜

 

袋麺は特に、もやしやキャベツ、ネギや卵を足して食べるのはとてもおススメです。野菜に火を通せばたくさんの量を摂取できますね。

カップ麺を自宅で食べる場合は、お湯を沸かす時に野菜と一緒に沸かし、そのお湯を注げば、同じく野菜を摂取できます。

外出先では難しいので、その場合はおにぎりよりも野菜を添えましょう。

 

f:id:KMSHI:20191106141148p:plain揚げ物には千切りキャベツを添えて

 

とんかつなどの揚げ物に千切りキャベツは定番です。これはただ野菜を摂取するだけのものではありません。

キャベツにはビタミンU(キャベジン)という胃に良い成分が含まれているので、胃に負担のかかりやすい油を多く使用する揚げ物を食べても、キャベツを食べることで胃への負担を抑えてくれます。

※ビタミンUは熱に弱いので、生で食べましょう。

 

 

まとめ

ジャンクフード、本当は特に子供には食べさせたくないというのが本音です。

でも、ショッピングモールのフードコートに行けばたくさんの子がハンバーガーを食べていて、子供が好きなおやつはチョコレート。これを全部ダメ!なんてとてもとても言えません。でも上手に野菜を取り入れたり、チョコレートやスナック菓子を果物やヨーグルトなどに切り替える日を作ってみたりすることで、少しでも回避することができますね。

大人も歳を取るにつれ、ジャンクフードの身体的負担は大きくなると思います。健康的な生活と、適度な運動で、ほどほどにジャンクフードも摂るくらいで生活していくのが、ストレスフリーで良いのかもしれません。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村