kmshis

KMSHI’s blog

子育て、生活、健康について感じることを書いています、

コロナウイルス 一般人が今できることは?

武漢渡航、海外渡航歴のない「市中感染」、「院内感染」が出てきたコロナウイルス

無自覚の発症者もいると考えると、いつ自分が感染してもおかしくない状況なのかもしれません。

 

普通に生活していると、子どもは学校での濃厚接触は当たり前。私のような専業主婦でも、たとえばスーパーに行った時に手に取った物にウイルスがついているかもしれませんし、ネット購入したものでさえ、どこかでウイルスに触れているものが届く可能性も0ではありません。

人混みに行かないようにしようにも、電車の手すりやつり革などウイルスがつきそうなポイントはたくさんあります。

 

f:id:KMSHI:20191202094941p:plain

 

マスクをつければ、飛沫感染は防げる可能性があるのかもしれませんが、万が一マスクにウイルスが付着しているのであれば、衣類や髪の毛にも同じくウイルスがついている可能性が高くなります。

家に入る前に全ての衣類を脱ぎ捨て、お風呂で全身洗い流して、さらに衣類も全て洗濯。くらいのことをしないと、徹底除去は難しいのでしょうが、それも毎日毎回のこととなると現実的ではありません。

 

では、今普通に生活している人ができることはなんでしょう?

 

 

 

 

体調管理

 

たとえ、ウイルスに接触したとしても体の免疫力が高ければ高いほど発症しない確率は上がります。早寝早起き、規則正しい食事を摂る、体を冷やさないなど、今からでも免疫力をあげる生活はできます。

 

www.kmshis.work

 

 

万が一の外出制限に備える

 

中国のように、学校や企業が閉鎖するような事態が万が一起こった時のために、我が家では食料品や消耗品の備蓄を少し増やしています。

 

f:id:KMSHI:20200216135212p:plain

 

子どもがいる家庭で、もしも学校が休校になると、1日3食家で食べることになり、きっと休校になる事態になると、スーパーなども大混雑することでしょう。

今のうちに、無駄にならない程度の備蓄をしておくことも必要かもしれません。

 

 

コロナウイルスかもしれない場合の連絡先の確認

 

コロナウイルスにかかった可能性があるかもしれないと感じた時のために、居住地域の保健所の連絡先は確認しておいた方が良いでしょう。

インフルエンザが例年よりも少ないと報じられていますが、私の住む地域ではインフルエンザが大流行しています。インフルエンザ患者がたくさんいる病院に、コロナウイルスかもしれない人が行くのはとても危険です。

もしもの時には、最寄の医療機関に電話で問い合わせて来院すべきかどうかを委ねた方が安心です。

 

 

まとめ

 

自分が風邪かもしれない、ちょっと症状が風邪よりも重いからインフルエンザかもしれないと気づく人はたくさんいるかもしれませんが、中国への渡航歴もなく、接触した記憶もない場合は、風邪などと違って「コロナウイルスかな?」と思うのはなかなか難しいですよね。これが「市中感染」が始まったの1つの原因かもしれません。

「移らない」ようにすること、万が一移った場合は「移さない」ための行動をとることで、少しでも流行に歯止めがかかれば良いですね。
 

 

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

 

 



 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村