kmshis

KMSHI’s blog

子育て 美容 健康 生活についてのブログです。

5歳児反抗期の特徴と心理状態 対処法を徹底解説 

子育てをしていると、成長のタイミングで立ちはだかる反抗期・・・。

今は反抗期。。とわかってはいてもやっぱりいらいらしちゃいますよね。

我が家は、なんとか5歳反抗期が過ぎました。

5歳反抗期はきっと、もっと大きくなってからの反抗期よりずっとマシなはずなんです。

なぜなら、まだまだ子供なのでどんなにごねていても、文句を言っていても、どこかで「可愛さ」が顔を出すんですよね。ごねている理由が可愛かったり、言葉回しが可愛かったり、仕草が可愛かったり。怒っていたはずなのにいきなり甘えてきたり。そういう時は、たとえどんなにイライラしていても、ふっと力が抜けてイライラも飛んでいきます。

 

でも、やっぱり大変5歳反抗期!特徴と心理状態、対処法について、2人の子供の反抗期の経験から、調べたり体験したことを元に書いていきます。

 

f:id:KMSHI:20191112091041p:plain

 

5歳児の反抗期

 

 

5歳児反抗期とは

 

2歳のイヤイヤ期とは一見違います。5歳の反抗期は、幼稚園や保育園など行動範囲も広がり、自分でできることも一気に増えてくるため、どこかで大人と対等になったように感じているんだと思います。

言葉もとても達者で口ごたえも大人顔負けなように、自己主張がとても強まるのも特徴ですね。

自己主張が思い通りにならない事、特に同年代の子供たちと喧嘩をしたりしているうちに、自己主張がすべて通るわけではないことなどを、感覚で悟っていくことで、少しずつ落ち着いていき、そこで少し大人になるんだなと感じます。

 

特徴と心理状態

 

【ちょっと注意するとすぐに怒る、泣く、手が出る】

とにかく、反発心が強くあるこの時期、自分を否定されると、特に子供扱いされると、どうにも怒りが収まりません。口が達者なので、テレビや周りのお友達が使っている言葉の意味をどこまで理解しているのか、「うるせー」「うざい」など、普段使わないような言葉を絞り出して一生懸命反抗してきます。

手が出るのもその一環、泣くのは思い通りにならなくてくやしいことが多いです。

大人の行動や言動の意味も理解してきている頃なので、親はやっているのに、自分は否定されていると感じたりすると、そこにも反抗心が出てくるようです。

 

【無視する】

これは、5歳反抗期に限らず大きくなってからも続くかもしれませんが、自分の都合の悪いことには無視をする。これまでにはあまり感じなかったことかもしれませんが、これからどんどん増えていくかもしれませんね。

無視しながら、実はどんな言い訳をしようかと考えているのかもしれません。

 

 対処法

 

なかなか難しいことではありますが、とにかく冷静に。発言をいちいち真に受けないことです。私は、「あ、怒りスイッチが入った!」と感じたら、淡々と言っていることに「はい、はい。」と、流して聞いていました。言い終わる頃にはかなり落ち着いてきます。言い終わった後に、「で、あれってどうなったんだった?」と聞くと意外と冷静に答えてくれたりします。

ちょっと困るのは、外出時や、他のお友達がいる時ですね。ここは、外で騒いだり、他のお友達に迷惑をかけてしまうので、冷静に冷静に注意し続けます。

 

 

 

いつまで続くのか

 

人それぞれですが、始まってからピークまでがやはり親としては辛い時ですよね。

ピークを超える頃には、親もある程度反抗に慣れてきているので、気が付くと落ち着いていたりするものです。うちの子供たちの場合は、辛いなーと感じていた期間は2人とも1~2カ月くらいでした。前後も反抗期はあったのでしょうが、元々口が達者でおとなしいタイプの子供たちではないので(なので反抗期もさらに大変なのですが)、本当に大変に感じた期間はそれくらいです。

 

親のNG行動

 

子供と同じ立場になって言いかえしたり、手を上げたりは絶対にダメです。

反抗できるということは、心を許している証拠です。とにかく受け止めてあげましょう。

  

 

まとめ

 

5歳反抗期、私はやっぱり男の子の方が手も出てくるし大変だな。と感じていました。

でも、反抗期ピークくらいのある日の夕食時、 いつものように遊び食べ、だらだら食いをしていて、「早く食べてー」にも「食べてるし」「今口に入ってるし」「美味しくなくて早く食べれない」などなど散々文句をいっていた矢先、お気に入りのポケモンのお茶碗を床に落として割ってしまいました。

その時の息子、いつもなら言い訳を並べてくるのですが、「ママーごめんなさーい!!!」と何度も言って大泣きしました。多分、本当に悪いことをしてしまったと、すごく反省していたのだと思います。その日は寝るまでもずっと大人しく、反省しているんだということが伝わってきました。

それを見て、ちゃんと色々なことがわかっているんだな。良いこと悪いことをわかっていて、自分の中にはちゃんと基準があって、その自分の基準の中でお茶碗を割ってしまったことは、すごくダメなことで、ちゃんと食べてなかったからそうなった。ということを理解しているんだな。と感じて、なんだかとても安心したのを覚えています。

 

反抗期まっただ中だと、なかなか前向きに考えることも難しい時もありますが、苦しくなったら、周りの人に相談する。というより、話を聞いてもらうのが一番良いと思います!

後になれば、あの時辛かったなーと思っても、それでも良い思い出だなと感じるはずです。

 

 

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

www.kmshis.work

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村